寺登泰彦とは ドラマ・視聴率、動画情報ネット

寺登泰彦とは

寺登泰彦。

「ハチミツとクローバ」のドラマオリジナルのキャラクターです。
このブログでも気になって、何度か取り上げました。

寺登泰彦の職業は、美術商。

森田忍の才能に惚れ込んで、森田の作品を次々と買い漁っていく役です。将来的には、森田忍を海外でも一人前にさせ、自分もちゃっかりとひと儲けしようとたくらんでいるようです。

昔、城南電機の宮地社長という方が、いつでも商品を買い取れるように、スーツケースに3000万もの大金を持ち歩いていましたが、寺登泰彦も、同じように大金を持ち歩いています。

性格的には、ハイテンションで、奇抜なファッションという設定。
こう書くと、ある程度イメージが固定されてしまいます。うるさくてうざいキャラ設定になるんじゃないでしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。